2017年12月14日 (木)

人間は食べたもので出来ている

我々は物を食べることで栄養を取り、無事に日々生活をしている。

物を食べることが出来ないと、 当然ながら生活することはできないし生きていくことだって出来なくなってしまう。

物を食べるのは口からだ。 口に入れることが出来ても、 歯がないと噛み砕くことが出来ないので食べることはできない。

だから、歯というものは日ごろはあまり気にしていなくても、 なくてはならない大切なものだと言える。

歯が不健康な状態になると、悲惨だ。

虫歯などになると痛みを誘発するし、当然、まともに食事をすることだってできない。

肩こりもしてくるし、首こりもする。

仙台市太白区で評判の接骨院なんかに通って肩こり解消してる人も多い。

痛みのために集中力も持続できず、注意散漫になる。

寝ることだって痛くてできないだろう。

だから、歯はとても大切なのだ。

見た目を良くするために歯を白くすることを心がけている人も多いようだけれども、 見た目よりもとにかく歯を大切に、歯磨きをしっかりと行なうことだ。

毎日のメンテナンスがとても重要なのだ・・。

冷える季節に一工夫

根本的な解決にはならないかもしれませんが、基本的には筋肉が付けば体温は上がりやすくなると 思います。

特に下半身の筋肉は、血液を上に上げるためのポンプの役割もあるといいます。

座りっぱなしだと 足を動かさないので、よけいに血行が悪くなるのかもしれませんね。

可能であれば、定期的に足を動かすとか軽い運動がおすすめ。

整形外科や整体などで一度見てもらうのもいいですね。

体のゆがみなどで血行が阻害されている可能性もありますし。

それと、靴下を2枚重ねると締め付けすぎて血行を阻害したり、過度な厚着をすると体温自体は 逆に低下してしまうと思います。

あったかボディになりたい

生活態度として体がゆがむようなポーズは厳禁です。

勿論 足を組んだりするのはダメ! 聞いたことがおありかもしれませんが、骨盤などの骨が歪むを太りやすく、血流も滞ってよいことはありません。

2,30分も同じポーズでいるのも、立つ際、重心を片方にかけたりするのも×。

そして、筋肉を伸ばしたり縮めたりをできるだけ行うとともに 生活の中でできるだけ足を使いましょう。

歩くのは勿論、階段はできるだけ上り下りしましょう。

登るよりも降りるほうがきついですから、筋肉を意識しながらゆっくり降りると効果的です。

そして、最後に下半身浴や足浴で血流をよくするよう心がけるともに、体特に下半身を冷やさないようにきをつけましょう。

たとえ夏でも、素肌を風にさらすのはよくありません。

体を温かく保つというのも、むくみを招かない方法なのですよ。

無料ブログはココログ